通訳案内士試験の合格体験談

苦手な英語だから覚えたい

英語は嫌いではなく、学生の頃から英語に興味はありました。
でもなかなか勉強する機会がなく、好きだけど苦手・・・という状態です。
しかし現代は英語社会になりつつあり、これから先グローバル社会となっていくという事を考えると必要不可欠なものなのかなと考えていました。

英語を聞き流しながら覚えられるとか、そういったCDなどを聴いたり、映画とか簡単な中学生くらいの英語力でもなんとか読めるかな?という洋書などを、辞書を引きながら読んでみる等、自分なりに勉強はしてきました。

しかし通訳案内士試験となればこうした勉強では到底無理ですし、資格試験ですからコツ、ポイントを抑えた学習が必要と考え、通信講座を受講し始め、通訳案内士試験については時間をかけてじっくり勉強しました。

独学では無理

苦手でも成績は悪くないという状態だったので、少しずつ勉強し始めると理解できることも多くなりましたが、正直、記憶する事が多く恥ずかしい位にわからないこともありました。

通信講座でも質問などができるのでわからないことはとにかく質問、疑問に思う事はとにかく聞いてみる、また同僚に英語が達者な人がいたので、テキストを見せてどういう風に解釈すればいいのか?と巻き込み、かなり指導してもらいました。
彼には本当に感謝です。

覚えた点もとにかく復習、僕には反復学習しかないという気持で必死に勉強し、試験の1ヶ月くらい前になって合格という文字がちょっと見えてきたかな?と感じたのですが、やはり初めての試験は合格できませんでした。

あきらめないで継続したい

英語は嫌いではない、外国の方とお話が出来たら楽しいだろうなとか、英語が話せるようになると自分の将来についても考え方、生き方が変わるのかもしれないと漠然と思っていたところもあり、不合格でしたがすぐに切り替えて、次の機会までには絶対に合格できると自信をもって挑めるように頑張ろうと僕の中で珍しく必死になりました。

英語に慣れることも必要だと考えて、英語教室に行くようになり、自分のだめな部分がかなり見えてきて、この教室に行ったことでより一層通信講座の勉強が理解できるようになったといえるかもしれません。

通訳案内士試験の試験は英語ばかりではなくその他の情報を英語で伝えることも必要となってくるので、この資格の勉強のために知識が倍増した気がします。
ラッキーなことに2回目の試験でなんとか合格する事が出来ましたが、まだまだ通訳といえる状態に至っていないと自分では考えています。

こうした資格は仕事の中で実践できるからこそ、レベルが向上していくのだと思います。
僕の場合、通訳案内士試験を通じて英語が理解できるようになったので、この先、ボランティアなどで経験を積んで英語が身近な状態にしていけたら・・と思っているのです。