TOEICの合格体験談

テストの点が大切

TOEICは合格不合格が出るタイプの資格ではなく、何点出せるかというテストになります。
英語力が高いかどうかという事は、この試験で把握できるという事はなく、TOEICの点数が高いから英会話ができるという事もありません。
ただ自分の英語のリスニングや単語力、また文法がどのくらいわかっているか把握できるというテストです。

元々僕は英語って得意な方じゃなくて、ただ、TOEICで点数がどのくらいとれるのかなと挑戦してみたというのが正直なところです。
友人はTOEICで700点代というので、僕もその位とれるのかなと思っていたら、なんとまあ、僕は600点という結果でした。
英語力がないと思っていた僕ですが、やっぱりありませんでした。

難易度はどの程度なのか

TOEICの難易度ですが、僕にとっては難しかったです。
ただ英語の勉強を高校まできちんと行ってきた人なら、難しいというよりもどう理解するかという事が大切なのかと感じます。

英語の試験は基礎的な事を問われる試験となります。
だいたい700点以上取れれば、履歴書に書ける点数だと言われています。
どの位英語を理解しているかというテストなので、英会話ができても点数が低いという人もいます。
逆に英語ネイティブの人からすると、簡単すぎてずっと集中している方が難しいそうです。

転職や就職に有利

高校から大学への試験、まだ大学を卒業して就職する際に、TOEICは必須項目といわれています。
特に就職先では外資系企業、また海外に営業所や支店などがある企業は、ほとんどがこのTOEICを求められます。

英語が必要ない企業でも、書類にTOEICの点数を記載するところがあったりするといいますので、試験を受けてきちんと結果を求めているかどうかなどの判断にも使われているのかもしれません。
大学も英語を学ぶところでは、TOEICの試験をしっかり受けていくことが必要ですし、英語の基礎知識がどの程度あるか知りたいという人は受けておく方がいい資格だと感じます。

時間と経済的に余裕がある方は、いっそのこと留学してしまうのも一つの手です。
留学するには留学エージェントを決めることになりますが、エージェントによっては事前に語学研修を行い、アメリカの大学が求める英語レベルまで引き上げてくれます。
その後にみっちり生の英語に触れられますし、アメリカの大学を卒業したり、単位を取得したりすることができます。

外資系企業や海外で働きたい人にとっては大きなメリットになりますので、もし選択できるのなら悪くないと思います。
留学エージェントの研修については、こちらのサイトを参考にして下さい。
>>高校生がアメリカへ留学する際の日本人学生受入制度

これから日本もますますグローバル化が進んでいくと思いますので、英語の習得は学生時代からしっかり行っておく方がいいでしょう。