通学と通信、どっちの方が勉強がはかどる?

自分にあった勉強法を行うべし

資格を取得しようと思う場合、独学で取得するという方法もありますが、学校に通ったり、通信講座を利用するという手段もあります。
いずれも、その人に合った方法で……というのが一番いいと思いますが、通学、通信それぞれにいいところ悪いところがあるので、自分の性格、行動によって選んでいけばいいでしょう。

受験のために志望校も決まっていない状態で勉強するという事ではなく、資格取得という目標がある状態で勉強するのですから、目標を持っているという面では通学も通信も同じです。
通信講座や独学で勉強する場合、いつでも勉強できるし、怠けようと思えばいつでも怠けられます。
絶対に資格を取得するぞと心に決めても意志が弱いとすぐにくじけて、「今日の分明日頑張ればいいや」なんて思ってだらけてしまったり、遊びに行ってしまったりします。

学校なら費用もかけているし、いけば無理矢理でも勉強するので、自分でスケジュールを組むことができない人、楽しいことに流されやすい人は、通学で勉強する方がいいでしょう。
周りには同じ資格を取得するために頑張っているライバルがいますので、僕も頑張らなくちゃという気持ちになります。

デメリットは通学のために通わなくてはならずその時間が長ければ長いほど面倒になりますし、交通費もかかるという点、また学校の教材費用、授業料がかかるという点です。
学校に行って勉強するという気持ちでいても、結果的に面倒くさくて通わなくなれば、費用も何もかもむだです。

通信のメリット・デメリット

通信講座は自分の家で資格取得の勉強ができますし、交通費も必要なし、移動時間もむだにならないし、自分のペースで勉強できるというメリットがあります。
しかし、自分のペースを作る事が出来ない人は通信に向いていません。
自分のライフスタイルに合った学習方法が一番ですから、下記のような学習スタイルを選択できるスクールがオススメです。
>>http://haa.athuman.com/

今は教材だけじゃなく、インターネットなどを通じて映像を見ながら勉強できたり、先生に質問すると即返事が来るなど、工夫されていますが、その時間を作るのも自分です。
ただ、しっかりスケジュールを組み、生活の中に勉強する時間を組込、資格取得までさぼらず一人でも勉強できるという人は、通信でも資格取得のいい勉強ができるでしょう。
一人ではさぼってしまう、スケジュール通りに勉強が進んだことがないという人は、通学タイプにしてみるのも良いでしょう。